白髪染め おすすめ

利尻ヘアカラートリートメント

よく染まる白髪染めのおすすめ人気比較ランキング〜人気の理由とは?

当サイトでは、髪にツヤ、うるおいを与えながら、髪はもちろん頭皮も傷めない、若々しくいつもきれいな状態を長く保てるしらが染めをランキングとして紹介しています。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは天然利尻昆布エキス配合無添加の白髪染めです。

100%天然素材で作られていて、酸化染毛剤を一切使っていないので安心。
シャンプー後、トリートメントとして手軽に染めるだけ!
安心です♪


簡単で、きっちり染まる≪ダメージゼロ≫の白髪染め! 無添加で満足度96%。今なら1本1,980円、37%OFF!

全額返金保証付きなので安心です♪


レフィーネは、しらが染めの専門店でヘアケア商品を扱っています。レフィーネの特徴はトリートメント感覚で、髪になじませてしばらくそのままにしておきます。その後シャンプーし、徐々に自然に染まっていきます。さらに髪に優しい素材なので、髪がツヤツヤにトリートメントされます。

さらに、しらが染めの専門店というだけあって、9色もの中から好きな色を選べます。


バナー原稿 120×120 (120215)imp

レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラーは「染める」「癒す」「育む」を1つに。 無添加の白髪染めです。

合成香料を使用せず、天然アロマ成分のみを使用しているので安心。
豊富に含まれる天然ミネラルが地肌と髪に潤いを与えます。
全額返金保証付きなので安心です♪


エフキュア・ヘアカラートリートメントは、髪のキューティクルや頭皮を守るために低刺激でにおいがありません。

ツンとくる刺激臭もありません。シャンプーの後に、トリートメント感覚で、5〜10分ほど放置して髪を洗い流せば完了という手軽さ♪
無添加ですので安心して使えます。
全額返金保証付きなので安心です♪


白髪の基礎知識

髪の毛が白くなる「白髪」。

 

自分が白髪ではなくても誰でも一度は白髪を見たことがあるかと思います。

 

でも、そもそも「白髪」とは何なのでしょうか?
何故、「白髪」になるのでしょうか?

 

白髪になっていない方が白髪についてそこまで考えたことはないのではないかな、と思います。

 

理化学的に言うと、人間の皮膚の奥にある毛球で髪は作られるのですが、作られたばかりの髪には色がついてなく、伸びていく過程においてメラニン色素によって黒く色がつくのですが、何らかの原因でメラニン色素が働かなくなると、色のついていない髪、つまり「白髪」がそのまま伸びてきてしまうのです。

 

「白髪」というと、おじいちゃん、おばあちゃんをイメージしがちですが、最近では老若男女問わず白髪に悩む人が増えてきているそうです。
それはなぜかというと、白髪になる、つまり、メラニンが働かなくなる原因は、年齢だけではなく、遺伝、栄養不足、病気、ストレスなど沢山あるからです。特に最近の社会では、ストレスによって白髪になる若者が増えているのだそうです。

 

鏡を見ていたら、あれ?1本だけ白い髪の毛が混ざっている...。そんなことありませんか?
気になるから抜いちゃえ!!という前に、それはストレス他の体調の変化の原因ということを自覚して、早めの対策をすることが大切です。

しらがの原因

しらがになる原因をもっと深く見ていきましょう。

 

しらがになる原因はメラニン色素が働かなくなることが原因ですが、もっと深く掘り下げると、人間の皮膚の奥にある毛球という髪の毛の先端部分が出来る場所に、毛乳頭と毛母細胞というものがあります。

 

毛乳頭にある血管が、髪の毛の成長に必要な栄養素を運んでいって、この栄養によって毛母細胞が細胞分裂を繰り返して髪の毛は誕生します。ここで誕生した髪の毛は、実はまだ「白髪」のままなのです。

 

では、どうやって黒くなるのかというと、ここでメラニン色素の出番なのです。髪の毛が皮膚の上に伸びてくる過程で、色素細胞が作るメラニン色素が髪の毛に働き、髪の毛が黒くなるのです。

 

つまり、色素細胞が正常な働きをしていれば白髪にはなりません。

 

しかし、この色素細胞がデリケートで、ストレスや栄養不足なんかでもすぐに崩れてしまいます。

 

最近、若者が白髪に悩んでいるのもこの原因がひとつだと言われています。しかし、白髪に悩んでしまうと、ますますストレスになり、色素細胞に負荷がかかり、また白髪が増えていくという悪循環になってしまいます。

 

年齢とともに色素細胞の働きが弱まっていくことで、お年寄りが白髪になっていくのですが、ストレスが原因の若者の白髪の方が厄介で重大なものだと思います。

ロングヘアの方が白髪をしっかりと染めるためには?

ロングヘアの方の髪のお手入れはとても大変そうですよね。

 

シャンプーするときも、普通の長さの人よりも長い時間がかかってしまいます。

 

 

もっと手短に髪を洗いたいという理由から、ショートヘアにしてしまう人もいるようですね。

 

でも、やはり髪は長いほうがいいという人は、少々手間がかかってもかまわないようです。

 

 

そんなロングヘアの方が白髪をしっかりと染めるためには、普通の髪の人よりたくさんの白髪染めが必要だと思います。

 

 

やはり、普通の髪の人の2〜3倍の量がいるのではないでしょうか?

 

それに、染めるときにも液が垂れたりしないように注意しなければなりませんよね。

 

 

 

そこで、ロングヘアの方の上手な染め方について、ポイントを探ってみることにしました。

 

まず、白髪が多い人で全体をしっかりと染めたい方は、クシの形をした液体タイプのほうが多い髪量をスピーディーに染め上げることが出来ます。

 

 

髪を梳かすようにして染めることが出来ますので、長い髪でも毛先まで満遍なく染めることができると思います。

 

ただし染めてから1ヶ月もすると、分け目部分の生え際の白髪が目立ってくるようになりますので、その場合はノズルタイプで対応しましょう。

 

 

やはり、生え際はどうしても目立ちますので、出来るだけ地肌に液をつけないようにして慎重に染めていくことが大切です。

 

この2つのタイプを上手く使えば、長期間きれいな染め上がりの髪を維持することが出来るとお思いますよ。

生え際の白髪が目立たない髪型とは?

女性の方の場合、白髪が増えてくるとヘアカラーなどで染めてしまうのが手っ取り早いですが、

 

髪や頭皮へのダメージを考えると躊躇される方も多いのではないかと思います。

 

 

 

しかし、髪全体がかなり白くなって気になる方は、やはりヘアカラーでの全体染めも仕方ないと思いますね。

 

特にロングヘアの方の場合は、しっかりと染めることでしか美しい髪の見栄えを維持することが出来ないと思います。

 

 

 

ただ、前頭部の生え際の白髪程度ならすぐに染めるのではなく、目立たないように髪型を整える方法がおすすめです。

 

まず、白髪が目立たないベストな髪型としておすすめなのが、前髪の6割を眉毛のところまで垂らすことです。

 

これだと生え際がかなり見えなくなりますよね。

 

イメージ的にもきりっとした感じで好印象を与えると思います。

 

 

 

次に、自然な感じで白髪が目立たないようにするためには、思い切ってパーマをかけてみることです。

 

パーマのウェーブ感溢れる髪型が、おしゃれな感じをかもし出して意外にも効果的なんですよ。

 

このように、すぐに全体染めをするのでなく髪型を工夫することによって、結構長い期間ヘアカラーに頼らなくて済むと思います。

 

ただ、もしどうしても気になる方は、部分染めにも適している天然成分配合のヘアカラートリートメント剤を使うと良いでしょう。

短髪の人の上手な白髪染めの方法とは?

短髪の人は、白髪染めの上手なやり方のコツが分からなくて困っている人が結構多いのではないでしょうか?

 

 

せっかく美容院で染めても、すぐに白髪が生えてくるので短髪ゆえに長髪の人より目立つのが早いと思うんです。

 

そうするとすぐまた美容院で染めてもらわなければなりませんが、これだと経済的にかなりの負担になることと思います。

 

 

また、自宅で市販の白髪染めで染める場合は、

 

短髪なので髪の量が少ないために2つの液体を混ぜた薬剤がかなり残ってしまいますよね。

 

 

しかし、美容院で染めるよりも自宅で染めるほうが、かなり経済的に負担が少ないと思いますが、

 

それでも何だかもったいない気がしますよね。

 

 

だとすれば、残っても後で使うことの出来る白髪染めを探せば問題は解決すると思います。

 

そこで調べてみますと、混ぜないタイプでしっかり染めることのできる利尻ヘアカラーがおすすめです。

 

 

白髪染め,しらが染め,おすすめ,よく染まる, 比較,ランキング,⇒ 感動の染め上がり!利尻ヘアカラーで髪を傷めず簡単白髪用ヘアカラー!

 

 

髪のお手入れは、家に帰って洗髪すれば大丈夫ですので、まさに合理的な方法だといえるでしょう。

 

利尻ヘアカラーは、回数を小刻みに分けて使うことが出来ますので、短髪のようなちょっとだけ染めたい人にはおすすめですよ。

白髪の上手な見つけ方ってあるの?

白髪が知らず知らずの間に増えてくると、どのくらい本数が頭のどの部分に生えているのか正確に知りたくなってきます。

 

最初に白髪を見つけたときには数本程度ですのでそれほど気にはなりませんが、髪のあちこちに出てきだすとそうも言ってられなくなります。

 

特に、栄養状態が良くなかったり過剰なストレスにさらされていたりすると、急に増えたりしますので注意が必要です。

 

また、いつごろから染めたらいいかを判断するためにも、だいたいの本数を常に把握しておきたいものです。

 

 

そこで、自分ひとりで出来る白髪の上手な見つけ方を考えてみましたが、鏡を2つ使ってやる方法ぐらいか思い浮かびません。

 

でも、この方法だとやはり細かく見ることには不自由さを感じてしまいます。

 

 

この方法でもピンと来なかったので、自分ひとりで出来る白髪の上手な見つけ方の解決策を探すべく、ネットで詳しく調べてみることにしました。

 

色んなサイトを探してみましたが、自分ひとりで出来る白髪の上手な見つけ方は、やはり鏡を使った方法以外探しだせませんでした。

 

 

やはり、ちょっぴり恥ずかしいですが、誰かに頭髪を触って調べてもらうしかなさそうですね。

 

一番いいのは、自分の子供に見てもらうのがベストではないかと思いますよ。

白髪を染めるのにおしゃれ染めでも大丈夫なの?

最近は、色々な種類のヘアカラーがあってどれを選んでよいのか迷うくらいですよね。

 

ドラッグストアーに行くと、白髪染めとおしゃれ染めという2種類のヘアカラーがあることに気づかれると思います。

 

 

この2種類はお店でたまに見かけますが、内容は同じだけれどメーカーが違うので表記が違うのだと思っていました。

 

しかし、この2種類の違いがハッキリと分かりませんでしたので、詳しく調べてみることにしました。

 

 

まず、おしゃれ染めについてですが、これは黒髪の人が好みの色に変えたいと思ったときに使うヘアカラーのことだったんです。

 

ですから、白髪をしっかり染めようと思ってもなかなか染まらないのです。

 

従って、白髪をしっかり染めたい方は、おしゃれ染めのヘアカラーではだめだということですね。

 

 

私はこれまで白髪を染めるのにヘアマニキュアを使用してきましたので、おしゃれ染めが黒髪用であるとは調べるまで全く知りませんでした。

 

 

やはり、普段買わない商品ですのでしっかりと説明書きを見ていなかったわけです。

 

私の場合は、一般的なヘアカラーでは髪の傷みが気になりますし、しっかりと染めるのは好きではないので。

 

ヘアマニキュアのようなある程度髪を染める染毛料のほうが好きなんです。

 

 

もしヘアカラー買うときは、この2種類の違いをしっかりと確認してから買うようにしましょう。

おすすめのよく染まる白髪染めとは?

よく染まる白髪染めといえば、指定成分を含んだ2つの液体を混ぜるタイプのものですが、

 

このタイプは身体に悪影響を及ぼすリスクのあるジアミンが含まれています。

 

 

また、お肌が弱い人は頭皮の炎症を引き起こす可能性がありますので、使用に際しては十分な注意が必要です。

 

このような理由から、健康のことも考えるとできるだけジアミン系の白髪染めは避けたいのですが、

 

非常によく染まるため使用される方が圧倒的に多いことと思います。

 

 

ただ、最近はノンジアミン系でもよく染まる白髪染めがいくつか発売されて、

 

お店やネットの通販などで大変な人気を呼んでいるようですね。

 

その中でも特におすすめなのが、天然成分を使用して無添加で安全な利尻へカラートリートメントです。

 

 

白髪染め,しらが染め,おすすめ,よく染まる, 比較,ランキング,⇒ 感動の染め上がり!利尻ヘアカラーで髪を傷めず簡単白髪用ヘアカラー!

 

 

利尻へカラートリートメントは、天然利尻昆布エキスを配合していますので、髪と地肌への傷みが極めて少ないんです。

 

それなのに染め上がりはしっかりとしていますから、多くの方に愛用されているわけですね。

 

 

 

口コミなどで使用した人の感想を見てみても、イキイキとした髪質になったと大好評のようです。

 

お値段もお求め安い価格なので、リピート購入するにもさほど負担にならないと思います。

 

すでに多くのリピーターを獲得している利尻へカラートリートメントなら、十分な染まり具合が期待できると思いますよ。